ブログ

公正証書遺言の作り方

法律上のルールと実務の流れ

【法律上のルール(民法第969条)】

  • 証人2人以上の立会いの上、遺言者が公証人に遺言の趣旨を伝える。
  • 公証人が①の内容に沿って筆記
  • ③ ②の筆記を公証人が遺言者と証人に読み聞かせ、または閲覧させる。
  • 遺言者と証人が、筆記の正確な事を承認した上で、証書に署名押印する。
  • 公証人が、証書が法令の方式に従って作ったものである旨を付記して、署名押印する。
  • 公正証書遺言の原本が公証役場に保管される。

【実務の流れ】

  • 遺言したい内容の原案を作る
  • 誰にどのように承継させたいか、そして、それが元でのトラブルを極力予防でるように、「家族への想い」等を『付言事項』として記載して頂くことをお勧め致します。
  • 人情・ご事情等を汲んで、「付言事項」について、最適な原案をご案内させて頂きます。
  • 公証人との打ち合わせ
  • 民法では、遺言者が公証人に遺言の趣旨を伝え、それを公証人が筆記となっておりますが、実務上は、予め、公証人へ原案を提供の上、詳細について打ち合わせを致します。
  • 証人2人を依頼
  • 公正証書遺言をする際には、証人が2人以上必要となります。但し、相続時のトラブルを回避する為に、民法上、未成年者や相続人は、証人にはなれない事になっております。
  • 公証役場で遺言書の作成
  • 予め打合せをした原案に基づいて、上記「法律上のルール」を踏まえて、公証人が証書を作成致します。
  • 公証役場にて、原本の保管
  • 公正証書遺言は、『原本』と、写しである『正本』・『謄本』が作成され、原本は公証役場にて保管を、正本と謄本は、遺言者に交付されます。
  • 原本が公証役場に保管されている事により、万が一、正本等をご紛失なされた場合でも、安心して頂けるのが、公正証書遺言のメリットの一つでもあります。

関連記事

ページ上部へ戻る