相続対策で今注目の「民事信託」とは?

相続対策として近年注目されているのが、民事信託というものです。民事信託とはいったいどのような制度なのでしょうか?また、なぜ民事信託が注目されているのでしょうか?世田谷で民事信託をサポートする行政書士栗原法務事務所が、民事信託について解説していきます。

民事信託とは?

民事信託とは?

民事信託という言葉を聞いたことがあるでしょうか?おそらくあまり馴染みがないという方も多いでしょう。

民事信託とは、営利を目的としない信託のことで、従来の法律や裁判所の考え方にとらわれない自由な財産管理・遺産承継の手法として知られています。

民事信託のメリットは、それぞれの家族の状況に合った財産管理や遺産承継の方法が選べるという点です。相続後は設定した信託目的や契約内容に基づいて、委託者の意思が受け継がれます。正常な判断ができるうちに財産をどのように管理するのか、どのようなことに使って欲しいのかを伝えておけば、将来的に認知症などで判断能力が低下した場合でも安心です。

また、民事信託には倒産隔離機能というものがあります。これは自分の財産を預けた受託者が何らかの理由で破産するようなことがあっても、預けている財産は影響を受けないというものです。そのため、安心して財産を預けることができます。このように、民事信託には様々なメリットがあります。

民事信託が注目されている理由

民事信託が注目されている理由

民事信託が近年注目されている理由はいくつかあります。その中でも大きな理由として挙げられるのが超高齢社会です。少子高齢化が進む日本では、認知症の患者数が年々増加しています。認知機能低下のリスクに備えるためにも、しっかりとした相続対策をする必要があるのです。

しかしながら社会状況の変化により、従来の法定相続分の考え方や遺言書では、相続の複雑な問題に対応できなくなってきています。

また、現行の成年後見制度にも大きな問題があると言われています。急増する後見人の需要に追い付かず、画一的な運用となっているのが現状です。様々な制約も多いため、近年ではより自分の意思を伝えやすい民事信託が注目されるようになってきています。

現行の制度では対応できない複雑な状況にも、民事信託ではある程度自由に対応することができます。

行政書士栗原法務事務所の特徴

行政書士栗原法務事務所では、遺言書の作成、相続手続き、家族信託、法律・会社設立サポートなどを行います。亡くなった後だけでなく、元気なうちに相続対策をしっかりと行っておき、不安を減らすことにより、余生を楽しく暮らせるようなサポートを心掛けております。

ご依頼主様のニーズに合わせて最適な方法をご提案し、親族同士が相続を巡って争うことのないように、全力でサポートさせていただきます。

世田谷で民事信託をお考えなら、行政書士栗原法務事務所へご相談ください。

民事信託は、相続対策における新しい財産管理の手法として注目されています。

しかし、信託法自体が新しい制度で判例が少ないこともあり、適切なアドバイスができる専門家はそれほど多くありません。

世田谷で民事信託のことなら、行政書士栗原法務事務所へご相談ください。

世田谷で民事信託をお考えなら行政書士栗原法務事務所へ

事務所名

行政書士 栗原法務事務所

代表者

栗原典男

取扱業務

遺言書作成・相続手続き、家族信託、法人・会社設立、在留資格・ビザ申請

住所

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2丁目2−18−101

電話番号

090-1113-5258

Fax

03-4332-2317

e-mail

info@enman.jp

URL

https://enman.jp/

営業時間

平日9時から18時
※ 土日祝日や営業時間外でも、事前にご連絡を頂ければ承ります。

ページ上部へ戻る