民事信託の仕組みや注意点とは?

相続対策で新しい財産管理の手法として注目されている民事信託ですが、具体的にどのような仕組みなのかご存知でしょうか?「信託」というと難しいイメージを持つ人も多いでしょう。世田谷で民事信託をサポートする行政書士栗原法務事務所が、民事信託の仕組みや注意点について解説します。

民事信託の仕組み

民事信託の仕組み

民事信託の仕組みは三者の関係によって成り立ちます。委託者、受託者、受益者というものです。

  • 委託者とは、財産を委託する人のことです。
  • 受託者とは、委託者から信託された財産を管理する人のことをいいます。
  • 受益者とは、信託された財産の利益を受け取る人のことです。

委託者は、信託の目的を定めて受託者に財産を預け、受託者はその信託目的に従って、受益者のために財産を管理・処分するという仕組みです。

既存制度との比較

既存制度との比較

既存制度と民事信託では、どのような点が異なるのでしょうか。大きな違いとしては、特に成年後見制度との違いが挙げられます。

成年後見制度の場合、財産管理について定期的に家庭裁判所に報告しなければならない、子や孫への贈与が認められないといった制約がありますが、民事信託ではそのような制約がありません。

そのため、自分の意思を反映しやすいと言えるでしょう。また、生前の元気なうちから信頼する人に財産管理を任せられるという点も、民事信託のメリットと言えます。

民事信託の注意点

民事信託の仕組みやメリットを紹介してきましたが、民事信託を利用する際には注意点がいくつかあります。まず、受益者や受益権の中身によって課税金額が変わる場合があります。

また、受益権の渡し方によっては、遺留分減殺請求の対象となる可能性がありますので、注意が必要です。大切な資産を適切に管理するためにも、民事信託に詳しい行政書士などの専門家に相談することをおすすめします。

信託法は新しい制度でまだ判例が少ないため、専門家でも民事信託に精通していないケースが見受けられます。世田谷で民事信託を行うなら、行政書士栗原法務事務所にご相談ください。しっかりとサポートさせていただきます。

民事信託の仕組みはそれほど難しいものではなく、既存の制度よりも柔軟に対応することができます。ただし民事信託にはいくつか注意点もありますので、しっかりと理解しておきましょう。

世田谷で民事信託に精通した専門家をお探しなら、行政書士栗原法務事務所にご依頼ください。相続トラブルを予防する遺言書の作成もお手伝いいたします。

世田谷で民事信託をお考えなら行政書士栗原法務事務所へ

事務所名

行政書士 栗原法務事務所

代表者

栗原典男

取扱業務

遺言書作成・相続手続き、家族信託、法人・会社設立、在留資格・ビザ申請

住所

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2丁目2−18−101

電話番号

090-1113-5258

Fax

03-4332-2317

e-mail

info@enman.jp

URL

https://enman.jp/

営業時間

平日9時から18時
※ 土日祝日や営業時間外でも、事前にご連絡を頂ければ承ります。

ページ上部へ戻る