家族信託とは何か?活用事例をご紹介

最近では家族信託という言葉をよく聞くようになりましたが、家族信託とは一体どのような制度なのでしょうか?世田谷の行政書士栗原法務事務所が、そもそも信託とはどのようなものか、家族信託の具体的な活用事例についても解説していきます。

家族信託とは?

家族信託とは?

家族信託とは、資産を持っている人が、自分の信頼できる家族にその資産の管理を任せるというものです。民事信託の中でも、特に家族に託す信託のことを家族信託と言います。

基本的には、自分の家族や親族に資産を託すことになります。信託銀行の遺言信託や投資信託とは違い、営利目的ではないため、信託業法の制限を受けずに信託を行うことが可能です。

そもそも信託とは?信託を利用するメリット

そもそも信託とは?信託を利用するメリット

そもそも「信託」というのは、簡単に言うと自分の資産などを信頼できる個人、法人などに託して、財産管理や運用をしてもらうというものです。多くの人が一度は耳にしたことがあると思いますが、投資信託というのもこの信託の一つになります。

信託を利用するメリットとしては、何のために、誰のためにといった目的を自由に決めて、財産管理・運用を託すことができるという点が挙げられます。

また信託の場合には、金銭以外の株式や不動産なども信託することができます。専門家に財産管理・運用を任せることができるという点も大きなメリットです。個人では管理や運用が難しいものでも、専門家に任せることで安心できます。

家族信託の活用事例

相続に家族信託を活用しようという動きが広まりつつありますが、実際にはどのような活用事例があるのでしょうか。最も多い活用事例としては、高齢化、認知症対策として活用するケースが挙げられます。例えば、高齢になる父親が管理する不動産の管理について、家族信託を活用するというものです。

高齢の方が管理する不動産で、もしもその人が認知症などを発症してしまった場合には、その不動産の管理が難しくなってしまいます。そのため、元気なうちに父親を委託者、息子を受託者とする信託契約を結ぶことによって、万が一の時でも不動産を自由に管理・運用することができるのです。

家族信託は、自分の意思を反映させながら財産を託すことができるので、相続対策として非常に注目されています。日本では高齢化社会の進展に伴って、さらに活用が増えていくことでしょう。

家族信託とは、信頼する家族に自分の大切な資産の管理を任せるというものです。家族信託では、自分の意思を反映させながら財産を託すことができます。家族信託を利用する際は、制度に精通している専門家に相談しましょう。

世田谷で家族信託に詳しい専門家をお探しなら、行政書士栗原法務事務所にご相談ください。家族信託に力を入れており、行政書士が世田谷をはじめ地域を問わず対応いたします。

世田谷で家族信託に詳しい行政書士栗原法務事務所

事務所名

行政書士 栗原法務事務所

代表者

栗原典男

取扱業務

遺言書作成・相続手続き、家族信託、法人・会社設立、在留資格・ビザ申請

住所

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2丁目2−18−101

電話番号

090-1113-5258

Fax

03-4332-2317

e-mail

info@enman.jp

URL

https://enman.jp/

営業時間

平日9時から18時
※ 土日祝日や営業時間外でも、事前にご連絡を頂ければ承ります。

ページ上部へ戻る