相続トラブルを予防する遺言書の作成

相続トラブルを予防する為に!

相続トラブルが起こってしまう大きな要因。それは、「感情」。

だからこそ、遺す方の想いが、遺される方に、ちゃんと伝わるように!

その為には、「事務的な単なる財産承継の目録ではない」遺言書の作成が有効です!

当事務所では、遺言書の中に『付言事項』として、想いを伝えるお手伝いをさせて頂きます。

 

【当事務所の遺言書作成の手順】

① 遺言なさりたい内容をお伺い致します。

また、その際には、その様に承継なさりたい趣旨もお伺いをさせて頂きます。

それを、『付言事項』として、大切にさせて頂きます。

② 遺言書の原案を公証人と事前打ち合わせを致します。

③ ご依頼主様及び証人2名と共に、公証役場へ赴き、公正証書遺言を作成致します。

④ 作成された公正証書の『原本』は、公証役場に保管されます。

ご依頼主様には、『正本』と『謄本』が交付されます。

遺言書作成についてのお問合せは、こちらへ

ページ上部へ戻る